Practice makes Age Shoot.

みつ♪です。
いつの間にか上海上陸ブログと化しております。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< ディアマナ | main | ライフル(2) >>

ライフル

な、なんと!!

ただいま、ワタシのブログのランキングが!!

6位でございます、( ̄ー ̄)ゞスマンスマン


嘘だと思うのなら、確認してきてくださいね⇒にほんブログ村 ゴルフブログへ


ワタシはもう、パソコンを前にして、 ヘ( ̄ー ̄ヘ)(ノ ̄ー ̄)ノ♪



なーんて話は置いておきまして、

シャフトについて全くコメントがつかない腹いせに、
ちょっとマニアックな世界へ。



ライフルとは!!
銃砲の筒内に刻んだ螺旋(らせん)状の溝
by 大辞林



「またぁ、すぐ辞書で検索してみるぅ」

と思われている方、今回は間違いです。

プレシジョン社がシャフトにライフルと命名したのには、
シャフト内部の構造が関係するんです。

まずは、ここをお読み下さい(↓)
http://www.precision-japan.co.jp/golf/shaft/tech/index.html


ライフルは従来のスチールシャフトとはまったく異なった構造を持っています。 ステップレスのライフリング構造という、シャフトの内側に8本のグルーブ(溝)を入れた革新的な構造のシャフトです。
スチールシャフトの正確な距離と方向性と飛距離性能の向上に加え、インパクト時の衝撃を吸収しソフトな打感を実現しました。さらにスイング時のエネルギーをクラブヘッドに余すところなく伝える機能を併せ持っています。


らしいです、[壁]ω ̄) ジー



だから、ワタシはこれを選びました。




というのは、 ハイ(-Д-)ウソ〜




もう少し考えています。
名前だけで買うほど、お人よしではありません。
(そういう人だったら、トブンダ、デルンダ、ヨセルンダを買うでしょう)


ワタシのイメージで言うと、
「撓らんシャフトじゃのう(山口弁)」

というか、手元が固い気がします。


このことは、プレシジョン社のHPにも「DGとの比較」としてかかれています。

ここを読みましょう(→)http://www.precision-japan.co.jp/golf/faq/faq_dg.html


ちゃんとQ&Aでダイナミックゴールドとの比較に説明しているところが
なかなか面白いでしょ、(^w^) ぶぶぶ・・・



さて、このあたりで買う気になる人もいるかもしれません。
しかし、リシャフトというのは

(1本6〜7千円+グリップ代)×アイアンの本数

と中古クラブが軽く買えてしまうケースが多いです。


リシャフトするなら、中古で別のアイアンに買い換えるます!!


という人も多いでしょう。



ただ、アイアンというのはヘッドが一番、次にシャフトです。
大体アイアン1本で14000円。
グリップ代が1000円ぐらい。
シャフトが6〜7000円で、残りがヘッド代。
(ソケット代もあるけれど、値段が不明。でも安いでしょう、たぶん)

そう、アイアンの値段の半分がシャフト代なのです。


結構重要なんですよ、値段は高いですけれど。


さて、続きです。




と言いたいのですが、マニアックはお話は次回に続きます。



おお、面白い!!
続きを期待する人は、応援してくださいね。
クリックしてね ⇒ にほんブログ村 ゴルフブログへ



聞きたくないって?
でも、明日は続きを書いちゃうもんね〜。


 シャフト | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pmas.jugem.jp/trackback/99
この記事に対するトラックバック