Practice makes Age Shoot.

みつ♪です。
いつの間にか上海上陸ブログと化しております。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 続・頚椎症!! | main | 病院にて >>

トップの位置

毎日、お年寄りと一緒に診療開始時間を待つ私。

一緒にいると、どんどんお年寄りと同じようなことを
考えてしまう。

そう、それは・・・、


お節介!



ということで、今日のお節介ブログを一席。


おーい、山田くん!出囃子がないぞ〜!! o(`ω´*)o



さて、今日のお節介はトップの位置について。


そんなの知ってるよ〜


って方は、黙っていてね。おいらが話すから!!



出典は、アルバで連載されている「坂田信弘のゴルフ進化論―レッスンマンガ坂田信弘のゴルフ進化論―レッスンマンガ坂田 信弘, 樹本 ふみきよ」です。


「え〜、マンガかよ」


というあなた!


マンガはマンガでもゴルフ進化論ですよ。
(基本的に爺さんゴルフが対象だと思っているあなた、甘いですよ)


ちなみに私が持っているのは、暇つぶしにコンビニで買ったゴルフ進化論[即効開眼編]です。意外に分厚く、高価でした(600円もした!!)



さて、そんな話はさておき、本題です。



坂田「ゴルフというのは、結局筋肉の記憶力だからね。」

そう、筋肉の記憶を壊せばいいスイングになるらしい。



坂田「ああ!「沈み」というイイ方法が見つかったよ!5分で悪いクセを直せるぞ!!」


坂田「まずは、ショートスイングのトップを作ってみなさい」


坂田「そうしたら、そのままヒザを折って、体を沈み込ませる!!」


する〜と、マンガでは右ひじが強制され、さらにヒザも開いてくるようになったらしい。


ということで、私も試して見ました。


体力の限界まで!!


5分というのは、 ハイ(-Д-)ウソ〜


私の体力では、姿勢が維持できなくなるまで(というか足腰が限界を向かえたのは)約15分後。


しかし、鏡の前でやっていたので、クラブが綺麗に立ち、肘のおさまりがよくなる様子を体験できました。




テイクバックしたときの位置が悪い人、

すなわちクラブを担ぎ上げる人が、それを破壊するにはいい練習かもしれませんね。



た、ただし。

クセっていうのは、すぐ出ます。

それを壊すまでは、

毎日、沈み込んでじっと我慢。

足が痙攣するまでじっと我慢。

腰が、腰が〜っていいながらも、

しりもちを着くまでじっと我慢。



ちなみにショートスイングのフィニッシュにも使えるらしいですが、私はそれを体験していません。



で、ショートスイングって何?

という人は・・・。


DVDでも買えば〜。

坂田信弘ゴルフ進化論 基本編 PART1 (1)
坂田信弘ゴルフ進化論 基本編 PART1 (1)



ちなみに私がスコアアップを目指して買った本は、これ。

坂田信弘 新スウィング進化論―21世紀のゴルファーズ・バイブル
坂田信弘 新スウィング進化論―21世紀のゴルファーズ・バイブル
坂田 信弘



私は、これでスイングを学びました!!




「でも、坂田プロって喋り方が嫌い!」って方は、クリックしてね。

にほんブログ村 ゴルフブログへ
技術論 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

今日のテーマ、私のためでしょうか!?
例の「あれ」も買ってきましたが、今からとりあえずスクワットの姿勢で鏡の前で踏ん張ってみます。
私の場合何分で足腰の限界を超えるだろうか??
もも | 2006/06/22 10:40 PM
■ももさんへ

そうですよ〜、余計なお世話ですが!!

まぁ、私の体が正常なときの話で、いまではテイクバックするだけで痛い。

丸山茂樹のようにスイング改造しよ〜っと。
→ももさんへ | 2006/06/23 8:18 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pmas.jugem.jp/trackback/67
この記事に対するトラックバック