Practice makes Age Shoot.

みつ♪です。
いつの間にか上海上陸ブログと化しております。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 笑うメロ | main | 80 >>

シャフト代

ゴルフクラブのシャフト!

ゴルフの中で重要な要素の一つです。




なぜ、重要なんでしょうか?

\( ̄^ ̄)゛ハイ!!  「分かりません」




でも、重要です。
シャフトが合わないと、なぜかボールがまっすぐ飛びません。

フック、スライス、チーピンにシャンク!





シャフトが合わないと色んな弊害がでるようです。




初心者は、まず自分ではクラブを買いません。
(買う人も中には居るかな?)



皆さん、初めて打つクラブは他人のクラブだったのではないでしょうか?




さらに、練習をはじめるといわゆる

「初心者用クラブ」

を手にするはずです。



ただ、「初心者用のクラブがすべての初心者に対して優しい、使いやすいか?」と言われると、私は自信を持って「NO!!」と言います。



ましてや、他人のクラブがあなたにも合うというのも・・・。
(プロのスイングは師匠に似るといった時代もあったようです。当然です、師匠から貰ったクラブを使い、師匠にスイングまで見てもらうのですから)



なかには、クラブの美しさに惹かれてマッスルバックを選ぶ人、先輩からもらったプロモデルを選ぶ人もいるかと思います。

まぁ、ミズノで言えばMP-37+ダイナミックゴールドX-100をいきなり手にする人は少ないと思います。
(ブリヂストンで言えば、ツアーステージのX-BLADE+ライフルプロジェクトX 7.0XXを使うようなもんです)



そういう人の中には、初めてのクラブがベストフィットだったという例が少なくありません(すべてではないので、あしからず)。


( ゚д゚)ノ ハイ!質問!
「 + のあとの製品らしきものが全く分かりません」


え〜、分からなくても困りませんが、私のブログを見るからにはこれぐらい知っておいて欲しいです。

ということで、シャフトメーカーのリンクを置いておきますね。

Precision Japan:
http://www.precision-japan.co.jp/golf/index.html

True Temper:
http://www.truetemper.co.jp/index.html



あっ、ついでに有名どころも一緒に紹介しておきましょう。

Nippon Shaft:
http://www.nipponshaft.co.jp/

GRAPHITE DESIGN:
http://www.gd-inc.co.jp/

FUJIKURA SHAFT:
http://www.fujikurashaft.jp/



え〜、これで私が今日書きたかったことの80%が完了しました。
あとは、適当に・・・。

(>Д<)ゝ”ラジャー!! テキトウニヨミマス




さて、リンクを置くと皆さんは自分に合うシャフトを探す旅に出ようとしますね。


ただ、先立つものが無いとシャフトを変更することが出来ません。



では、シャフトというのはいくらぐらいのものなのでしょうか?





(((o(^。^")o)))ワクワク







「・・・」






((○(^▽^)○)) ウキウキ





「・・・」







(〃∀〃;)ウキウキ




「・・・」



@(   ゜  I   ゜  )@ウッキー!




? ? ?




分かりません!




シャフトの値段というのは、マクドナルドで「ハンバーガーの製造原価はいくらですか?」と聞くのと同じぐらい興味深いです。


まず、リシャフト(=シャフト交換)する場合、

.轡礇侫伴体の値段

▲哀螢奪廚涼傭

ソケット(ヘッドとシャフトのツナギ目にある黒い奴。無いクラブ(ボアスルータイプ)もあります。


が最低必要なようです。

これに加えて、

さ蚕冦


が必要なお店もあります。


 銑については、メーカー等のホームページに書いている場合もあります。

私が密かに「試してみたいなぁ」と思っているGRAPHITE DESIGN社のTour AD PT-6 Xシャフトであると、定価を見てみると、

グラファイトデザインツアーAD PT6 ドライバー用 定価42000円
icon
ゴルフプライドツアーベルベット・ラバー バックラインなし 定価630円
icon
150円ぐらい(たぶん10個で1500〜2000円ぐらい)

バナー120x60トップ調べ)

なようです。

当然、お店によっては値引き幅があるでしょう。
GDOでも会員割引があります。




さて、分からないのはここからです。



い竜蚕冦繊覆い錣罎襯螢轡礇侫搬紂砲任后


多くのお店では、シャフト代+グリップが定価でリシャフト代がゼロ円です。
たまに、シャフト代のみ(リシャフト代ゼロ円)のお店もあります。


しかし、シャフト、グリップ代とは別に3000円〜4000円の費用がかかるお店もあれば、シャフトが半額程度(特にスチールシャフトの場合)でアイアンセット一式交換でもリシャフト代が1000円なんてお店もあります。



「当然、安いところで買うだろう!」



と言う方は、注意が必要です。


リシャフトには、技術が必要です。



そういう話は、私がするより、PIGEON GOLFハッグーさんのブログに行かれた方が良いかもしれません。


シャフトはゴルファーにとって、重要なポイントです。
そして、シャフトは意外に高価です。


某社が毎年売れ残りのドライバーを19800円で安売りすることを考えれば、シャフトによっては、一度リシャフトするとドライバーが2本も買えてしまいます。


しかし、シャフトは本人のスイングやタイミングを合えば、素晴らしい効果(曲がらない、楽に飛ぶ等々)が出ます。


また、カーボンシャフトは一度抜くと耐久性が落ちてしまいます。
挿し戻しが難しいとよく言われます)



ということで、リシャフトする際はシャフトの種類だけでなく、どこで作業をしてもらうかということも考えないと行けません。



何も、宝塚にある某社に行けと言っている訳ではありません。
(順番待ちのゴルフバックの列に私のバックを加えたくないので、行かないことにしています。人気がありすぎるのも、私にとっては億劫です)

また、メーカーで別注のクラブ(既に純正以外のシャフトがついているクラブ)を買えとも言っていません。
(大量生産って、今ひとつ精度が悪いんですよね〜)



ただ、折角お金をかけてトライしてみるのだから、ゆっくりのんびりとシャフトとお店選びをしてみるのも良いのではないでしょうか?




お金をケチる→下手な店でリシャフトする→シャフトが斜めに入っている→ボールが曲がる→スコアが悪くなる→リシャフトする→お金をケチる

という悪循環を繰り返すよりは、信頼できるお店で高い費用を払ってリシャフトしてもらうほうが良いと思います。


あるいは、毎年1回某社の安売りクラブを買ってみる

という手もありますね。






で、そろそろ皆さんお気づきですね。


私は一体何を言いたいのでしょうか?





(¬ー¬) フフフ


明日、また高価な商品をゲットしたら、「何にお金を使おうか?」を悩んでいるのです。


リシャフト?


今月は、毎週ゴルフなのに?


( ̄〜 ̄;)ウーン・・・


遠征代?


GWも毎日ゴルフなのに、これ以上何処にゴルフに行く暇があるんでしょうか。
(しかも独身で、管理職の私の給料で遠征代がでないということはありませんし)


( ̄~ ̄;) ウーン




「獲らぬ狸の皮算用だ」って?


(*'ω'*)ん???


コンペに行って、何も貰って帰って来ないことなど、
考えたことがあり得ません」。


だって、私、狙って賞品を貰ってくる賞品ゲッターですからぁ。

びゃははは (≧ω≦)b





そうそう、ここは怪しいゴルファーの館です。
初心者が素直に言うことを聞くと、血を見るかもしれませんので、あしからず。

応援だけは、ヨロシク!
( ̄▽ ̄)σ 人気ブログランキング & にほんブログ村 ゴルフブログへ
 シャフト | permalink | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする