Practice makes Age Shoot.

みつ♪です。
いつの間にか上海上陸ブログと化しております。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< インパクトスティック | main | <男子ゴルフ AT&Tクラシック>3日目、今田 通算13アンダーで首位をキープ - 米国 >>

相対性理論

相対性理論 (そうたいせいりろん, 独語:Relativitätstheorie、英語:Theory of relativity) は、アルベルト・アインシュタインの発表した理論で、互いに運動する物体の座標系の間では、物理学の法則が不変な形を保つという原理にもとづくものである。 ...


なんてことは、誰もきいておりません。


なぜ、私が相対性理論などといきなり言うかというと…

ゴルフにも相対性理論があるらしい!

と聞いたからです。
w( ̄Д ̄;)wワオッ!!

別にね〜、知らなくたってゴルフはできますが・・・。

知っていたら…

隣の芝が青くは見えない???

程度のお話ですが、聞かれますぅ?
( ̄ω ̄)(ーωー)( ̄ω ̄)(ーω-)ドゥイドゥイ♪


そう、それは…
飛距離の魔力についてです。


相対性=他人と比べる
理論=そうなんじゃないの?


ということで、
「あんた飛距離があるから、そんなこと言えるんだよ〜」
「私の飛距離じゃね〜、ムリ(≧ヘ≦ ))(( ≧ヘ≦)ムリ」

という会話。

聞いたことありませんか?

そう、これが相対性理論にとらわれて考え方です。
う〜ん、ネガティブシンキング!!


たとえばですね〜、女性の方ですね〜。

「ドライバーとアイアンの間の飛距離を埋めたいんですよ〜」

「4Wがいいですかね、やっぱり5Wでしょうかね〜」


σ( ̄∇ ̄;)今日も聞かれた。


でもね〜、あなたね〜、
5Iも打てていませんから〜、残念〆


てな時のアドバイスは、相対性理論によって必ず打ち消されます。

「その距離より、100yや130yをしっかり打つ練習した方がいいですよ」


「そんな〜、みつ♪さんは飛距離があって、いつも2オンできるからそんなこと言えるんですよ〜」


そう、相対性理論によって導き出された答えがコレです。


あのね〜、人には人のやり方ってもんがあるんだから、
なにも無理して2オンしなくてもいいでしょう〜。


というのが私の答え。


レディースティ、453yのロングホール(パー5)があります。

飛距離の出ないあなたは、ドライバーのナイスショットで150y、
フェアウェイど真ん中にボールを運びました。

さて、あなたはどう攻めますか?


私なら100y×3でクリアしたいですね。

まぁ、120y飛ぶことに越したことはありませんが、
使ってもせいぜいセカンドぐらい。

サードショットでは、4打目の練習としてフェアウェイに確実にボールを置く練習をし、100yをフェアウェイ狙いで撃ちます。

そして、4打目ではピン筋を狙って手前から攻めていきます。



これが、飛距離の出ない人の攻め方だと思います。


しかし、上手な人(=練習をいっぱいした人)と一緒に廻っていると、
4Wあたりで、かっ飛ばす姿に憧れるのでしょうね。

これこそ、相対性理論 = ゴルフの魔の手

です。



確かに飛距離の誘惑はすごいです。

私も500yぐらいのロングホールのセカンドでスプーンを手にしようと
思うことは多々あります。

でも、230y先のことって、分りませんからね。

そんな先のバンカーに入れるぐらいなら、6Iぐらいできざんだ方が、
結果はいいはずです。


得意な距離を残す

という表現がゴルフにはよくあります。


これに当てはまるのは、

その距離なら確実に打てる、寄せれる

ということなのです。


というと、30yならOKだから、長いクラブが必要だ!!

という人もいるかと思いますが・・・


30yを確実に寄せるというのは、結構難しいですよ。


覚えておきたい事実

ゴルフのうまい人は、ショートコースに行ってもよいスコアで上がれる。

これ、重要なんですよね〜。

昔はわかりませんでしたが、

最近私も、

「アイアンとウッドをつなぐクラブを買うなら、良いウェッジか
 新しいピン型パターが欲しい」

と言うようになってきました。


う〜ん、スコアが人を成長させるのでしょうね。



では、今日はこの辺で!!

ゴルフの相対性理論は、間違っていると言いたいみつ♪でした〜。



私のゴルフには、恥や外聞という言葉はありませんから〜。
あるのは、ただ一つ、スコアだけですから〜。


え〜、今日は懐かしいフレーズでお送りしました。

魂の叫び↓
PINGのRedWoodの
ANSERが欲しい!!
技術論 | permalink | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする