Practice makes Age Shoot.

みつ♪です。
いつの間にか上海上陸ブログと化しております。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< ボールが安い? | main | ツアーステージャー達 >>

パターの選び方

ヾ( ̄_ ̄ )/\( ̄ー ̄)/\(  ̄− ̄)ノ゛ドモモモ・・

本日は、パターの選び方について!!

地球の歩き方という本はありますが、パターの選び方って本はありませんね。


ゴルフで一番大切なのにぃ。
ヾ(。`Д´。)ノ彡☆ブーブーッ!!



というわけで、わたしの独断と偏見に満ちた選び方をひとつ。


パターを大きく分類すると、

「ピン型パター」 と 「その他」






ちょっと乱暴か・・・





それでは仕切りなおしまして、








「ピン型パター(インサートあり)」と
「ピン型パター(インサートなし)」と
「その他」





「・・・」



まぁ、わたしの偏見が満ち溢れていますので、
気にしないで読み流してください。



わたしが使用しているパターは、
PINGのANSER 85068。
別にOLD ANSERでもなく、中古ショップに普通に売っていたもの。
グリップの方が本体より高いという代物であります。


し、しか〜し。
わたしのものは選び抜かれた一本です。

誰が選んだって?



当然、σ( ̄▽ ̄)でございます。

各有名メーカーの最新モデルから、中古ショップの劣悪パターまで、
総勢100本以上(ちょっと言いすぎ?)から選び抜かれたものです。



まず、ピン型にしたというお話を・・・

と思いましたが、面倒なので止めます。



数あるピン型からなぜこれを選んだのか?
というお話を。



1.素材がやわらかい金属であるから

 もっと、細かく言うと、

 ‖粘兇良かった
 ▲ぅ鵐機璽汎りやステンレスに比べても強く打っても
  転がらないからタッチの調整しやすい
 A悩爐やわらかいので、ネックやライ角の調整が容易
 ぅ團鵑虜擔箸旅グリップが、違和感なくさせる



2.太陽の光が反射しない
(というか古びた10円玉のような色だったから)

 ,笋辰僂螢僖拭爾筌ΕД奪犬任劼り輝いているのはどうかと
 ⊆蠧れ不要感が高い
 グリーンでボール跡をためらいなく直せる(傷付いたって平気感がある)


3.当時のピンのシャフトは長かったので、
      わたしの手の位置にぴったりだった。



4.ANSER2の方が有名だが、
      白いヒッティングラインが要らなかった。



という点でしょう。



当然、ご購入後はいろいろライ角を変更し、転がりの良いアングルになっています。




特筆したいのは、1mと1.5mを打ち分けられるという点。


これって、わたしには非常に重要なポイントです。


インサート入りだと、どうしてもこれぐらいの距離は同じように打ってしまいます。
というか、基本的に気持ちや感性で打つしかありません。


しか〜し、打たないと転がらないパターでは、
打感と出球速度で判断しやすいのです。

( ̄ω ̄;) ブヒ〜 そんなのインサート入りでもできるだろう?

というアナタ!

わたしには出来ませんでした!!

ということで、

「ある程度しっかり打たないと転がらない、
 そして転がり自体はいいパターをくれ!」


とお店で言ったら、

「自分で探せ、(`□´) コラッ!」

と言われ、仕方なく大試打ち大会に・・・。


というか、結構スッと決まったんですけれどね。




というわけで、今日のポイント。

道具選びは、

「どんなものが欲しいのか、しっかりとした目的を持って選ぶべし」

( ̄▽ ̄)ゞラジャ




で、お得意の人心惑わし!!


え〜、わたしが部屋に飾っておきたパター。



icon
icon
スコッティキャメロン スタジオスタイル ニューポート2.5 スチール
icon

あえて、2.5であることが私らしい。
(*^▽^*) ニョホホ



では、パターのお勉強もかねていろいろな製品を見ていきましょう。


レッスン1 L型パター


icon
icon

フェースが開いて閉じる動きをする人には、向いているらしいです。
フィル・ミケルソン殿もL型を使用しておられます。
宮里家の次男坊もたまに使用しておられます。
ウイルソンのL型パターが有名でしたね。


レッスン2 T型パター


icon
icon

L型よりあわせ易いとよく言われますが・・・。
私は全く駄目です。ついでに言うと、センターシャフト系がすべて駄目ポ。。。
青木功さんが使っていたパターがT型だったような気がします。


レッスン3 ピン型パター


icon
icon

言わずとしれた最近のピン型の代名詞。
もともと、ピン=PINGのことで、パターの答えというのをもじって、
ANSER、ANSER2という名前になっています。

全盛期は、バブルと言われ高価なパターがどんどん売れたみたいです。
タイガーウッズもANSER2でパッティングを覚えたらしいです。

もう少し言いますと、PINGのベストヒットには、
ANSER型とPAL型(ALLY型?)があります。

詳しいことは、ご自分でお調べください。

ちなみに2007年のPING新作にRedwood™ Puttersというのがあります。

打ってみたいと触手が動く一品だと良いのですが・・・。


レッスン3 マレット型


icon
icon

おそらくこれが一番有名でしょう。
丸ちゃん人気ですかねぇ。一時期はみんなこれを持っていたような気がします。

フェースをまっすぐ引いて、まっすぐ打てる人向きです。
フェースがアイアンと同じように円弧を描いて打つ人には不向きです。

前者をストレートタイプ、後者をターンタイプのスイングというらしいです。

以下のタイプはストレートタイプの人が使うと効果的なパターだと思います。


レッスン4 ネオマレット型


icon
icon


私の中の分類では、こういうタイプをいいます。
片山晋吾がよく使用していますね。


レッスン5 2ボール型


icon
icon

2ボールのブレードになっていないものは、ネオマレット型といっても良いとは思いますが、もうボールがあれば、2つだろうが、3つだろうが同じです。

アニカ・ソレンタム、宮里藍の使用で超有名に!!


レッスン6 新T型パター


icon
icon

2ボールブレードやデツアーのようにヘッド部分がT型をしているもの。




本当にいろいろありますね!!

しかし、トブンダ、デルンダ、ヨルンダに続く
ハイルンダをゴルフ5は出していません。


と思ったら、他のメーカーから出てました。


icon
icon
「クリスタルパター 入るんです」 CC-PI (T-1)
icon


入るんですという部分は、キャッチフレーズなんでしょうか?




まぁ、スコッティーキャメロンの「デツアー」という命名には勝てませんが・・・。
GDOなんかで見ると、

スコッティーキャメロン デツアー
icon

って、どう。(^w^) ぶぶぶ・・・

日本語の好きなアメリカ人らしい命名です。
それとも新橋あたりにいる酔っ払いの命名でしょうか。



さて、実にいろんなパターが出回っています。

「パターなんぞは、打ってみてナンボよ!!」

というのも良いですが、

「どんなものが欲しいのか、しっかりとした目的を持って選ぶ」

ということをしないと、無駄にお金を使い続けることになりますよ。



「打てば必ずカップに入るパターが欲しい」って?

そんなのがあったら、
私はドライバーの代わりにティグランドから打っているでしょうね。



ボーナスの使用は、計画的に!!


にほんブログ村 ゴルフブログ
 パター | permalink | comments(2) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

ピン型
以前は、ネックが角バッタのが好きだったけれど、
最近は、ネックが流れるような優しさのが好き。
そう、2.5をねらっていたのだ。。。ったのに。。
ヤマナカシャン | 2006/12/07 7:08 PM
■ヤマナカシャンさんへ

Ψ(`∀´)Ψウケケケ

誰かさんの好みなど
わたしには、
簡単に!!

[壁]_☆) キラーッ ポチッ発見!!
→ヤマナカシャンさん | 2006/12/07 8:08 PM
コメントする