Practice makes Age Shoot.

みつ♪です。
いつの間にか上海上陸ブログと化しております。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 相性 | main | 手袋♪ >>

寄せ

さて、今日はグリーン廻り、特にグリーン廻り20ヤード内の
お話です。


他の人はどうか知りませんが、わたしはこの距離からのアプローチを
寄せといってしまいます。


多くの人は100ヤード以内のアプローチを寄せというのですが、
下手なわたしが確実によるのは20ヤードぐらい。


この距離を制することが重要だぁ〜


といつも勝手に力説しております。


だってね〜、100ヤードで失敗してグリーンをはずしても
ピンそばにちゃんと寄せてワンパットで決めれれば(通称:寄せワン)


なんか、カッコイイじゃん!!


ということで、先日のラウンドは徹底してグリーン回りに止めてみました。
(・w・)ハニャ?、ばんばん☆ミヾ(__)ノ彡☆ばんばん!



わたしが寄せワンをバンバン決めていると(=何気に絶好調)、

横から一言。


「みつ♪さん、パターン多いねぇ。ひとつ教えてよ」


「・・・」


そんなのラウンド中に言われてもね〜。


しかも、ひとつ教えろだぁ〜?

10年早いわ〜!!

と心の中で思いながらも、ゴルフ暦4年の私には言えず・・・。

( ̄(エ) ̄)ゞ クマッタナー



みなさんは、どんな寄せが得意ですか?


私が思うに、寄せを大別すると



.轡紂次▲肇鵝▲肇鵝▲帖

▲灰張鵝▲劵紂次▲ュッ、トン、トン

シューッ、ドン、トン


の3パターンかと。



えっ、意味が分からん!!って?



・・・( ̄  ̄;) うーん




で、私が得意なのは△離轡腑奪函




低く打ち出して、見事ピンそばでスピンで止めて見せますぅ。


でも、リスクも高いので,鯊人僂靴討りまするぅ。
(じゃあ、止まらんときもあるんだね (−−) 疑いの目)


この2つは相反する寄せですね。


打って止めるのと、転がって勝手にピンに寄っていくのと。


いわゆるその辺にいるシングルさんは、明らかに,鯊人僂靴泙垢、
プロはなぜか△鯊人僂靴泙后


なぜ?


そりゃそうでしょう。
グリーンの速さが違うからです。


カップの向こうが急流すべりになっているようなグリーンで、
ツーと行ってしまうと、直接カップインする以外は、

お疲れさまぁ、お土産よろしくぅ

のパターンになってしまいますからね。



やはりボール様にはピンの手前でギュッと芝や砂を噛んで
止まって頂かなければなりません。



さて、のパターン。

ゴルフを始めた頃はよく練習し、実践でも使用していましたが、
最近は使用しなくなりました。


なぜ?ってぇ、


そ、それはね、


「スイングが下手になるからぁ!!」


練習場でロブショットの練習をしている人。
特に58度以下のロフトのクラブでフェースを開いて打っている方。

それがバンカーショットの練習だとしてもやめた方がいいですよ。


バンカーショットの練習なら、ティアップしたボールで、
ゴムティとボールの間に歯を入れる練習をした方が効率的ですし、
なによりもバンカーのある練習場へ、なければコースの砂場で練習した
方が良いと思います。


お部屋で座布団の上にボールを置いて打つのも良いかと・・・。



最近の私の理論(?)では、

ボールを上げたきゃ、ロフトのあるウェッジを買え!!

です。



なぜ?と聞かれると面倒ですが、簡単に言うと、
左肘を抜くショットを練習しだすと、普通のアイアンショットでも
左肘が抜けてしまうヘタレショットになるからです。


スイングの基本は、フォローでアイアンが立つことです。
(=左手首が90度でシャフトが垂直に立つ)

あっ、その前の段階で右手首が伸びているのも重要かと。


左肘を抜いていたら、そんな形にならないですもんね〜。


誰が名づけたかは知りませんが、左肘が抜けてしまうのを
「手羽先ショット」というらしいです。



ということで、私がお勧めするショットは、,鉢◆




で、「教えてぇ〜」と言われた私のレッスンは、


「,鯊任舛燭韻譴弌▲侫ローで両手をベルトの線より高く上げること。

 △世辰燭蕁▲戰襯箸寮より低いところで止める」



という素晴らしいアドバイス。


ついでに大サービスで、

「距離のコントロールは、落とし所と出球の速度で調整すると楽だよ」




さて、皆様。


理解できたでしょうか?


一度、お試しあれ!!





おまけ


練習しても無駄にならない簡単なショット


の紹介をしちゃいます(なんか昔も書いたような気が・・・)。




グリーンエッジにボールが止まり、カップまで5ヤード以下の場合。

しかも、エッジの芝が逆目で、パターで打ったら食われ具合が分からず、
パンチが入りそうなとき。



絶対、お勧めです。



テイクバックで10cmぐらいフェースを上げます。

そして・・・

そのまま体の力を抜いて、フェースをボールの方に落とします。



すると、あら不思議。

ボールがいい感じで転がっていきます。



「分からん!!」って?



アメリカンクラッカーで、片方のボールを持ち上げます。
そして手を離します。

持ち上げられたボールは止まっているボールに向かって落ち、
止まっているボールをはじきます。


そんなイメージです。


「分からん!!、アメリカンクラッカーって、何?」




そんなことまで、教えてやるかぁ!!



面倒見の悪い、みつ♪がお送りしたブログ流レッスンでしたぁ。



だいたい、ブログを読んだぐらいでゴルフがうまくなったら、
ブログに「 百叩きだ〜 org 」
なんて、言葉が出てこないでしょ。


とりあえず、練習です、練習。 ε〜( ̄、 ̄;)ゞフー


わたしのブログが練習場に出かけるきっかけになれば嬉しいで〜す。



そうそう、皆さんクリックしてくださいよ〜。
。。。ρ(-ω- ) イジイジ  ( ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 ゴルフブログへ
技術論 | permalink | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする