Practice makes Age Shoot.

みつ♪です。
いつの間にか上海上陸ブログと化しております。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

ウェッジの仕様

さて、たまには真面目なことも書かないと・・・



(☆。☆)キラーン!!




みんながウェッジを買っている気配ありラブ


ということで、ウェッジの仕様について書いてみたいと思います。





まず、ウェッジのが色々あります。


日本型とか、ティアードロップ型とか・・・。

出っ歯なものもありますね。




色々合って、選ぶのが楽しいのがウェッジです。

T社のブラックニッケルなんか、使わずに飾っておきたい美しさです。

(私は、これをボロボロにした人です、でもナイスだよ〜)


さらに、ノーメッキのものはガンブルーで染め上げることもできます。



た、楽しい ヽ( ̄▽ ̄)ノ タノシイゾー




でも、自分に合うのはどんなウェッジなんでしょうか?

これって、意外に難題です。




結論!

ゝい貌ったものを使うが良い!!見た目重視でOK!

 美しすぎて、使えない場合もあるので、それには注意してくださいね。
 部屋にイミテーションとして飾るのも、また一興かとは思いますが・・・。



△燭世掘▲▲ぅ▲鵐札奪箸畔造戮討△泙蠅砲皸穗卒兇あるものは
 止めたほうが良い。


だってねぇ〜、アイアンがグースネックなのにウェッジがストレートなんて、「ざっくりいっちゃって下さい」ってお願いしているようなものですもんね。




さて、次はロフト




実は、これがウェッジ選びで一番大事なことだと思います。

最近は2本のウェッジを使っている人が多いはず。



ゼクシオ等の初心者向けの易しい(本当か?私は構えにくいが・・・)と呼ばれるクラブではPWがストロングロフト(平均48〜49に対して、46ぐらいありますかね)になっている影響でしょう。


だいたいロフト4度で10y違うと言いますからねぇ、AW(PSとも言いますね)って大切です。




じゃあ、何度のクラブを入れますか?

最近のSWの標準は56度と言います(昔は57〜58度だったらしい)。

でも、本当にそんなにロフトが必要なのでしょうか?





私が一度使ってみたいロフトは、54度です。これ一本あれば、十分な気がしています(ちなみに今使っているのは52度と58度です)。


54度?、(≧◇≦)エーーー!


と言われる方が多いかと思います。





しかし、フェースを開くことを覚えれば、これ一本でPWの次の距離を打ち分けることが可能です。

別に転がすときは9Iや8Iを使えばいいしぃ。

バンカーは、フェースにボールを当てるのではなく、バンスを砂にぶつけるだけだしぃ。




と簡単にいってみました、( ̄^ ̄)えっへん





ただし、フェースを開いて打つことができる人だけが可能です。





でも、フェースを開いて打つって、そんなに難しいことではありません。

ストレートネックのウェッジで、フェースが開きにくいウェッジはありません。
(ちゃんとシャフトが入っていれば、ライ角、ロフトが表示どおりであればの話ですが)

さらに、ウェッジによってはフェースをちょっと開いたほうが座りよくできているものもあります。





重要なことがまだまだあります。



あなたは、ウェッジでどの程度の距離を打とうとしていますか?


100yをPWで打つ人が、AWで80yを狙う?


あなたのヘッドスピードでバンカーにウェッジを打ち込んでシャフトは大丈夫?





あ〜、失敗。シャフトは別の機会にしましょう。
(〃_ 〃)ゞ ポリポリ





バンカーは、どうなんでぃ!

と言う方へ。



誤解している方もいらっしゃるかもしれませんが、バンカーショットの基本はバンスを砂に打ち込むことです。

別にフェースを砂に打ち込むことではありません。



さらに、無理やり左肘を抜いてフェースを砂から脱出させてやる必要もありません。

フェースが砂に潜りっぱなしでも問題なくボールは脱出します。
(私はグリーンがピンに向かって上りの傾斜の場合は、確実にバンスを打ち込むことだけを考えています。下りはさすがにカット打ちしますが)




イメージが湧かない人は、しんごるでも見てください。

何度も言いますが、このレッスンはムカツクことが多いですが、役に立ちます。
放送が終わってしまったのが残念です。





で、何を話していたんでしたっけ、(*'ω'*)ん???



要するに・・・


ゝい貌ったウェッジを一本買いましょう。
 でも、そんなに大きなロフトは要りません!


▲丱鵐ーショットの練習をしましょう。
 どうしても、上手く出ない人は買ったウェッジのロフトを寝かせて
 もらいましょう。そうすると、バンスも大きくなるはずですから
(違うかったかなぁ?)


4鵑擦隆靄椶蓮▲僖拭爾任后
 でも、9Iや8I、FW、UTでのランニングショットも練習しましょう。
 R35なんて、不要と思うのは私だけ?
 ヨセルンダはダメで、R35はOKというのは、私には理解不能。


ぅ魁璽垢任瓩辰燭忙藩僂靴覆ぅ蹈屮轡腑奪箸領習をするのであれば、6Iのショートスイングをして安定したスイングを身に付ける方が良い。




最後に


ステンレス製のウェッジなんて楽しさ、便利さを半分も味わえないパクッ

ウェッジは軟鉄、純鉄といった素材の調整ができるものを買いましょうね。






続きが読みたいという方は、、→「にほんブログ村♪



ウェッジについて、もっと知りたいという方は、→「サンドウェッジ大百科


ボタン2 キャンペーン バナー  ボタン2 TOP
 ウェッジ | permalink | comments(8) | trackbacks(0)