Practice makes Age Shoot.

みつ♪です。
いつの間にか上海上陸ブログと化しております。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

手首?

深夜、とあるバーでの一コマ…。

部長A「なんで手首使ったらダメなんだよ〜」

社員B「だから、普通使わないですって!!」

部長A「お前、俺よりアプローチ下手じゃん」

社員B「みつ♪さん、なんとか言ってくださいよ〜」

みつ♪「( ̄□ヾ)ネムー ん?手首がないとクラブ握れないじゃん」

一同「・・・」


夜中4時のゴルフ談議、私の一言が災難を招きました。

夜も更け、夜も更け、シャワーを浴びた私は布団に入って間もなく…。
グウグウ・・・( ̄¬ ̄).。o0O○《 パクパクッ( ^0^)oゞ


電話が…


「みつ♪さん、▲×○π■φΑ☆」


さらに、電話が…

「みつ♪、起きろ!! ( ゚Д゚)<呪呪呪呪呪呪呪呪呪」


そして、極めつけ

「Hello! Now your friends is coming. How do you do?」

ヽ(* `O´ *)ノファーーァ!


起きて、窓の外を見ると、なぜかそこにはゴルフウェアに身を包み、
ゴルフバックを持った2人が…

拉致です。


ゴルフ場に着くまで、再び…


目を覚ませぇ!!o(・ロ・)○()o×)/うげっ!


で、暖かい車の中から引きずりだされ…


ラウンド開始…。



ビデオカメラを渡され、人のスイングを録りながら…

上がってみれば85。


社員B「ほらぁ、みつ♪さんは手首使ってないでしょう」

部長A「確かにぃ、なんか寄せやすそうだなぁ」

みつ♪「何のこと?(*'ω'*)......ん? 」



社員B「スイングですよ、スイング!!」

みつ♪「あー、そんなこと。どっちでもいいんじゃないの、うまく打てれば」

部長A、社員B「良くない!!ヽ( )`ε´( )ノ ブーブー!!」



あんたたちの練習量じゃ、もう治らんよ〜。


と思いつつ、ビデオを見ると…

2人とも見事な手首始動。

部長A様なんか、インパクトも手首だけだもんね。
そりゃ、ボールも飛ばんよ。



という訳で、その夜も

「どうすれば(練習もせずに)ゴルフがうまくなるのか」

の議論が3時まで。



日本に帰りたいなぁ、ε〜( ̄、 ̄;)ゞフー


にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ




技術論 | permalink | comments(4) | -

相対性理論

相対性理論 (そうたいせいりろん, 独語:Relativitätstheorie、英語:Theory of relativity) は、アルベルト・アインシュタインの発表した理論で、互いに運動する物体の座標系の間では、物理学の法則が不変な形を保つという原理にもとづくものである。 ...


なんてことは、誰もきいておりません。


なぜ、私が相対性理論などといきなり言うかというと…

ゴルフにも相対性理論があるらしい!

と聞いたからです。
w( ̄Д ̄;)wワオッ!!

別にね〜、知らなくたってゴルフはできますが・・・。

知っていたら…

隣の芝が青くは見えない???

程度のお話ですが、聞かれますぅ?
( ̄ω ̄)(ーωー)( ̄ω ̄)(ーω-)ドゥイドゥイ♪


そう、それは…
飛距離の魔力についてです。


相対性=他人と比べる
理論=そうなんじゃないの?


ということで、
「あんた飛距離があるから、そんなこと言えるんだよ〜」
「私の飛距離じゃね〜、ムリ(≧ヘ≦ ))(( ≧ヘ≦)ムリ」

という会話。

聞いたことありませんか?

そう、これが相対性理論にとらわれて考え方です。
う〜ん、ネガティブシンキング!!


たとえばですね〜、女性の方ですね〜。

「ドライバーとアイアンの間の飛距離を埋めたいんですよ〜」

「4Wがいいですかね、やっぱり5Wでしょうかね〜」


σ( ̄∇ ̄;)今日も聞かれた。


でもね〜、あなたね〜、
5Iも打てていませんから〜、残念〆


てな時のアドバイスは、相対性理論によって必ず打ち消されます。

「その距離より、100yや130yをしっかり打つ練習した方がいいですよ」


「そんな〜、みつ♪さんは飛距離があって、いつも2オンできるからそんなこと言えるんですよ〜」


そう、相対性理論によって導き出された答えがコレです。


あのね〜、人には人のやり方ってもんがあるんだから、
なにも無理して2オンしなくてもいいでしょう〜。


というのが私の答え。


レディースティ、453yのロングホール(パー5)があります。

飛距離の出ないあなたは、ドライバーのナイスショットで150y、
フェアウェイど真ん中にボールを運びました。

さて、あなたはどう攻めますか?


私なら100y×3でクリアしたいですね。

まぁ、120y飛ぶことに越したことはありませんが、
使ってもせいぜいセカンドぐらい。

サードショットでは、4打目の練習としてフェアウェイに確実にボールを置く練習をし、100yをフェアウェイ狙いで撃ちます。

そして、4打目ではピン筋を狙って手前から攻めていきます。



これが、飛距離の出ない人の攻め方だと思います。


しかし、上手な人(=練習をいっぱいした人)と一緒に廻っていると、
4Wあたりで、かっ飛ばす姿に憧れるのでしょうね。

これこそ、相対性理論 = ゴルフの魔の手

です。



確かに飛距離の誘惑はすごいです。

私も500yぐらいのロングホールのセカンドでスプーンを手にしようと
思うことは多々あります。

でも、230y先のことって、分りませんからね。

そんな先のバンカーに入れるぐらいなら、6Iぐらいできざんだ方が、
結果はいいはずです。


得意な距離を残す

という表現がゴルフにはよくあります。


これに当てはまるのは、

その距離なら確実に打てる、寄せれる

ということなのです。


というと、30yならOKだから、長いクラブが必要だ!!

という人もいるかと思いますが・・・


30yを確実に寄せるというのは、結構難しいですよ。


覚えておきたい事実

ゴルフのうまい人は、ショートコースに行ってもよいスコアで上がれる。

これ、重要なんですよね〜。

昔はわかりませんでしたが、

最近私も、

「アイアンとウッドをつなぐクラブを買うなら、良いウェッジか
 新しいピン型パターが欲しい」

と言うようになってきました。


う〜ん、スコアが人を成長させるのでしょうね。



では、今日はこの辺で!!

ゴルフの相対性理論は、間違っていると言いたいみつ♪でした〜。



私のゴルフには、恥や外聞という言葉はありませんから〜。
あるのは、ただ一つ、スコアだけですから〜。


え〜、今日は懐かしいフレーズでお送りしました。

魂の叫び↓
PINGのRedWoodの
ANSERが欲しい!!
技術論 | permalink | comments(0) | -

寄せ

さて、今日はグリーン廻り、特にグリーン廻り20ヤード内の
お話です。


他の人はどうか知りませんが、わたしはこの距離からのアプローチを
寄せといってしまいます。


多くの人は100ヤード以内のアプローチを寄せというのですが、
下手なわたしが確実によるのは20ヤードぐらい。


この距離を制することが重要だぁ〜


といつも勝手に力説しております。


だってね〜、100ヤードで失敗してグリーンをはずしても
ピンそばにちゃんと寄せてワンパットで決めれれば(通称:寄せワン)


なんか、カッコイイじゃん!!


ということで、先日のラウンドは徹底してグリーン回りに止めてみました。
(・w・)ハニャ?、ばんばん☆ミヾ(__)ノ彡☆ばんばん!



わたしが寄せワンをバンバン決めていると(=何気に絶好調)、

横から一言。


「みつ♪さん、パターン多いねぇ。ひとつ教えてよ」


「・・・」


そんなのラウンド中に言われてもね〜。


しかも、ひとつ教えろだぁ〜?

10年早いわ〜!!

と心の中で思いながらも、ゴルフ暦4年の私には言えず・・・。

( ̄(エ) ̄)ゞ クマッタナー



みなさんは、どんな寄せが得意ですか?


私が思うに、寄せを大別すると



.轡紂次▲肇鵝▲肇鵝▲帖

▲灰張鵝▲劵紂次▲ュッ、トン、トン

シューッ、ドン、トン


の3パターンかと。



えっ、意味が分からん!!って?



・・・( ̄  ̄;) うーん




で、私が得意なのは△離轡腑奪函




低く打ち出して、見事ピンそばでスピンで止めて見せますぅ。


でも、リスクも高いので,鯊人僂靴討りまするぅ。
(じゃあ、止まらんときもあるんだね (−−) 疑いの目)


この2つは相反する寄せですね。


打って止めるのと、転がって勝手にピンに寄っていくのと。


いわゆるその辺にいるシングルさんは、明らかに,鯊人僂靴泙垢、
プロはなぜか△鯊人僂靴泙后


なぜ?


そりゃそうでしょう。
グリーンの速さが違うからです。


カップの向こうが急流すべりになっているようなグリーンで、
ツーと行ってしまうと、直接カップインする以外は、

お疲れさまぁ、お土産よろしくぅ

のパターンになってしまいますからね。



やはりボール様にはピンの手前でギュッと芝や砂を噛んで
止まって頂かなければなりません。



さて、のパターン。

ゴルフを始めた頃はよく練習し、実践でも使用していましたが、
最近は使用しなくなりました。


なぜ?ってぇ、


そ、それはね、


「スイングが下手になるからぁ!!」


練習場でロブショットの練習をしている人。
特に58度以下のロフトのクラブでフェースを開いて打っている方。

それがバンカーショットの練習だとしてもやめた方がいいですよ。


バンカーショットの練習なら、ティアップしたボールで、
ゴムティとボールの間に歯を入れる練習をした方が効率的ですし、
なによりもバンカーのある練習場へ、なければコースの砂場で練習した
方が良いと思います。


お部屋で座布団の上にボールを置いて打つのも良いかと・・・。



最近の私の理論(?)では、

ボールを上げたきゃ、ロフトのあるウェッジを買え!!

です。



なぜ?と聞かれると面倒ですが、簡単に言うと、
左肘を抜くショットを練習しだすと、普通のアイアンショットでも
左肘が抜けてしまうヘタレショットになるからです。


スイングの基本は、フォローでアイアンが立つことです。
(=左手首が90度でシャフトが垂直に立つ)

あっ、その前の段階で右手首が伸びているのも重要かと。


左肘を抜いていたら、そんな形にならないですもんね〜。


誰が名づけたかは知りませんが、左肘が抜けてしまうのを
「手羽先ショット」というらしいです。



ということで、私がお勧めするショットは、,鉢◆




で、「教えてぇ〜」と言われた私のレッスンは、


「,鯊任舛燭韻譴弌▲侫ローで両手をベルトの線より高く上げること。

 △世辰燭蕁▲戰襯箸寮より低いところで止める」



という素晴らしいアドバイス。


ついでに大サービスで、

「距離のコントロールは、落とし所と出球の速度で調整すると楽だよ」




さて、皆様。


理解できたでしょうか?


一度、お試しあれ!!





おまけ


練習しても無駄にならない簡単なショット


の紹介をしちゃいます(なんか昔も書いたような気が・・・)。




グリーンエッジにボールが止まり、カップまで5ヤード以下の場合。

しかも、エッジの芝が逆目で、パターで打ったら食われ具合が分からず、
パンチが入りそうなとき。



絶対、お勧めです。



テイクバックで10cmぐらいフェースを上げます。

そして・・・

そのまま体の力を抜いて、フェースをボールの方に落とします。



すると、あら不思議。

ボールがいい感じで転がっていきます。



「分からん!!」って?



アメリカンクラッカーで、片方のボールを持ち上げます。
そして手を離します。

持ち上げられたボールは止まっているボールに向かって落ち、
止まっているボールをはじきます。


そんなイメージです。


「分からん!!、アメリカンクラッカーって、何?」




そんなことまで、教えてやるかぁ!!



面倒見の悪い、みつ♪がお送りしたブログ流レッスンでしたぁ。



だいたい、ブログを読んだぐらいでゴルフがうまくなったら、
ブログに「 百叩きだ〜 org 」
なんて、言葉が出てこないでしょ。


とりあえず、練習です、練習。 ε〜( ̄、 ̄;)ゞフー


わたしのブログが練習場に出かけるきっかけになれば嬉しいで〜す。



そうそう、皆さんクリックしてくださいよ〜。
。。。ρ(-ω- ) イジイジ  ( ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 ゴルフブログへ
技術論 | permalink | comments(0) | -

筋肉

ブログを真面目に更新すると、
なぜかランキングの順位が上がる!!

不思議だ〜♪

と思うのは私だけ?



そうそう、今朝タイガー君が、また優勝しました。
これで今年5勝目?

強いタイガーが戻ってきた模様。

今大会は、凄くレベルが高いプレーをしていましたね。



彼のゴルフを見ていると、他のプレーヤーに比べて驚くことが。


彼の弾道は、どのクラブで打っても、

非常に高い!!


まぁ、飛距離があるので小さい番手で打てるという利点はあるとは
思うのですが・・・


だって、3Iであの高さって、普通でないでしょう!!

まるでユーティリティで打っているかのような高さ。


ヘッドスピードの問題?

極速のヘッドスピードでも確実にインパクトできる正確性?


不思議です、( ̄〜 ̄;)??



さて、正確性とヘッドスピードというのは、

結局のところ筋力に由来するのでは無いか!!



と無知な私は想像しています。



まぁ、少々のラフなんかファーストカットと同じように打てる

タイガー君は別として、クラブヘッドを確実にボールに

インパクトさせるためには、それなりに安定した軌道が必要です。


ゴルフを始めた頃に読んだ本によれば、

「スイングは大きな筋肉を如何に上手く使うか」

ということらしいです。



大きな筋肉は、不器用であるが一定の動きを覚えると反復が容易

だからだそうです、エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?





で、あなたの筋肉は大きいですか?

( ̄o ̄) え? そう来たか!!



ついでに言うと、

あなたの足腰は、しっかりと大地を踏みしめていますか?

女子プロのヒップはダテに大きい訳ではないのでしょう。


タイガーのお尻も、デッカイ!!



最近、暑いです。

運動したくないです!!



でも、でもね。

ランニングを始めて、すこぶるゴルフのスコアが良くなった人もいます。

はい、この人です⇒ http://blog.golfdigest.co.jp/user/doradora/



朝、5時半に起きてゴルフを見れた方々。

ランニングを始めてみては如何ですか?



かく言う私は・・・

アスファルトの上を走るのは膝に悪いので

クロスバイクで会社まで全力疾走しています。



始めは15分かかっていた道のりが、いまや10分まで短縮。

平均速度も始めの頃は20km/hがやっとでしたが、最近は

30km/hまでアップしてきました。


そろそろヘルメットを買わないとダメかなぁ?
(ノーヘル、手袋なしは危険です、止めましょう)



次は、上半身のビルドかなぁ。


( ゚д゚)ノ ハイ!質問!

「どこの筋肉を鍛えれば、スイングの正確性が上がるのでしょうか?」



大きい筋肉って、いっぱいあるんだけれどなぁ?



なーんて、真面目なこともたまに書くのが私のブログ。

応援してくださいね、⇒ にほんブログ村 ゴルフブログへ
技術論 | permalink | comments(6) | trackbacks(0)

左手

久しぶりにゴルフのお話。

(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!



コンビニでゴルフ雑誌をさりげなく立ち読みしていたら、

いい事が書いてありました。




ゴルフのスイングは、左手で作ること!!

右手はあくまでも左手のフォローである。





思わず、首を立てに振ってしまいました。

そして、鈍痛。(T∇T) ウウウ




左手でのスイングを完成させると、方向性が良くなります。

完成してもならない場合は、あなたのトルクとクラブシャフトの

トルクがあっていないのでしょうね、たぶん。




宮里家の本を見ていると、

「PWで30yをきっちり打つことが重要。これがスイングの家となる。」

らしいです。




「それがムズカシイんだよ!!( ゚Д゚)ドルァ!!」

という気がしますが、30yという距離は余計なことができない距離でも

あります。



ただ、実際のラウンドとなると、左肘を抜いたショットをしたりします。

というか、使いやすい右手を最大限に活用しようとすると、自然に・・・。




しかし、番手が上がる毎に肘を抜くということがスイングの邪魔になります。

私の理想のフォロースイングというのは、

目標方向に両肘が綺麗に伸びていること。

そして、右手首も確実に目標方向に伸びている状態です。



さて、あなたはイメージできますか?



簡単でしょう。

よくゴルフ雑誌に腰から腰までのスイングが書かれています。

まさしく、そのフィニッシュです。



でも、難しい・・・。




理由は簡単です。

左右の腕のバランスが悪い、重心位置が悪いからです。




腰が切れない! = バランスが悪い位置でフィニッシュを迎えている。

ということは・・・、

重心の位置が(+д+)マズー。



ハーフスイングでふらつくようであれば、それは明らかに重心の位置が悪い。

で、なぜ重心の位置が悪くなるのでしょうか?




簡単なことです。


右手を使いすぎるから!!


クラブを右手で振り回したら、

当然左側でのフィニッシュ位置での重心が悪くなる。




当たり前のことができない自分が悲しくなるときがあります。



ただ、左手でクラブをコントロールできているときは、

最高にいいショットが打てます。



グリーンエッジからのウェッジでのアプローチでも、

クラブをボールの上から落とすような寄せができます。



左手でクラブをリードできると、

スイングに安定性がでます。



ということで、今日の結論。


左を制するものは世界を制する!!

(亀田くんは、左利きなので右かな?)





で、「何が言いたいんだ!!」って。


いやね〜、暇な土曜日。

仕方が無いので、クラブを磨いて

ちょこっと部屋の中でボールを打っていたのですが・・・



なんだか、ボールを右に押し出している。

要するに右手を使いすぎていることを発見。



といっても、パット練習用マットの上にボールを置いて

ウェッジを上から落として遊んでいただけなのですが。



今まで5回に一回は、穴にボールがダイレクトインしていたのに、

今日は50回ぐらいやっても一向にカップインしなかったのです。



「はぁ〜」




































ゴルフに行きたいど〜

にほんブログ村 ゴルフブログへ
技術論 | permalink | comments(4) | trackbacks(0)

(T∇T) ウウウ

久しぶりにゴルフに行ってきた私。

気になるスコアは、90でした。

(T∇T) ウウウ




折角ハーフ40で折り返して来たのに・・・、


13番のバンカーショットを打った瞬間、


<(T◇T)>わぁああああ!


「や、やばい・・・。復活した!!」



さて、問題です。

何が復活したのでしょうか?



’愧罎凌牲伉

■劭苅犠標群

ザックリン病

ぅ肇奪廛襯┘鵐




はぁ〜、帰りに病院に行ってブロック注射をうたれてきました。



しかし、INとOUTで10打違うと、凄く叩いたような気がします。


特にセカンドは、

「ターフとって打ったら、痛いんじゃないか〜」

とか、

「パンチショットって、体への負担が大きいんじゃない?」

と考えながら打つので、どうしても大き目のクラブで飛びすぎ・・・。




「いいもん、寄せは得意だから!!」

と打ったボールは寄らず・・・



「あ〜あ、ヤッチャッタ」

と思って打ったパットは入らず・・・。


散々でした。





収穫は、ただ一つ。


スイングを小さくしても、ボールって飛ぶのね♪



そう、クラブの芯に当たればボールは飛ぶのです。



ということで、余計なOBも打ってきました。





久しぶりにゴルフに行って、持病(?)再発とは・・・。



あ〜ん、明日会社に行くのが嫌だなぁ〜。

よし、病院でマッサージ機&点滴コースを受けてから、仕事に行こう!!

(┰_┰) ウルルルルル


たまにはクリックしてね〜。
にほんブログ村 ゴルフブログへ

技術論 | permalink | comments(6) | trackbacks(0)

汚名挽回!?

さて、先日した

せこいオヤジゴルファーには、

たくさんの「セコイなぁ〜」コメントがつきました。



でも、彼は「ゴルフは上手です




で、彼のセッティングを紹介。

彼のクラブは、TS-201。
シャフトはダイナミックゴールドだったと思います。

ただ、みなさんのクラブと違うのは、かなり


ロフトが立っています!!



オヤジ曰く、

「全番手、2度ロフト立てて飛距離アップを目指しています!!」



私、思うんですが・・・

シャフトを軽く、柔らかいものにした方がよく飛ぶかと…。




しかし、オヤジは違いました。


「シャフトを軽くするのも考えたんだけれど、
 方向性が犠牲になったら今より悪くなる!!」



らしいです。



強情な奴です、(^w^) ぶぶぶ・・・



で、彼のセッティングというと、


ドライバー

バフィー(だったと思う、もしかしたらクリークかもしれないけれど)

3I〜PW

ウェッジ 54度

そして、パターが・・・   2本



( ̄ω ̄;) ブヒ〜 ナンデヤネン



まず、驚くことがこのオヤジ、2度ロフトのたった3Iを完全に使いこなしています。

フェアウェイからのナイスショットを何度見たことか。



「昔使っていた2Iより、ずっと楽だもんね」


とのこと。



私のセッティングには3Iは、入っていません。
(代わりにユーティリティが入っていますが)

だって、4Iですらフェアウェイにあっても、なかなかクリーンヒットなんて出来ないんだもの〜、(TωT)ブヒー


それを彼は、セミラフからナイスショット。 (⌒○⌒; ポカーン



さらに驚くことは、ウェッジが1本というところ。



最近は、2本ウェッジが主流なのに。

しかも、彼のPWは2度ロフトが立っているのに。


彼曰く

「ウェッジなんか、1本あればいいんだよ。
 どうせバンカーでしか使わないから」




しかし、彼と2ラウンドしたのですが、

「あなたのバンカーショットは見たこと無いんですが〜!!」



そして、極めつけはパターが2本



一本は昔高かったPINGのANSER2(ステンレス)。

もう一本は、White Hotのピン型(#5?)。


どうも、残り距離とラインで使い分けるようです。



どちらにもカワイイヘッドカバーがついており、始めは怪訝な顔をしていたキャディさんにも好評でした。


だってね〜、キャディさんに

「いや、違うな。もっと曲がるよ。」

と言って、簡単に入れちゃうんだもんなぁ。


ピン横につけた5m以上のパットを!!



もう、

「コイツ、何者だ? ( ̄o ̄) 」

状態です。



150y以内のアイアンは完璧。

グリーン上のパッティングは、奇跡の人。



でも、ドライバーは飛ばない。



「昔は、もっと飛んだんですよね」


と聞くと、


「いや〜、最近クラブが良くなって、やっと200yまで飛ぶようになった」

だってぇ。


「にぃちゃんは、いいなぁ。面白いように飛ぶしなぁ」




なんだか、ちょっと可哀相。


だから、彼が、たまにセコイことをしても、

彼にはゴルフ仲間がたくさん居るようです。



スコアが90台前半なのは、


彼のホームコースが、屈指の距離の長いコースだから!!
(ゴールドティでプレーするか、距離の短いコースに行けばいいのにぃ)




でもなぁ。

あのパッティングがあればなぁ。

私、既にスクラッチプレーヤーになっているかも!?




「世の中、そんなに甘くないぞ〜」という優しい方は、
クリック(↓)してくださいね、ぺこ <(_ _)>

にほんブログ村 ゴルフブログへ
技術論 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

プレ4は不平等?

「プレ4って、不平等!!」

という会話をとある会社の女性ゴルヴァカとしてみました。



まず、プレ4というのは、


某社のプレステーション4ではありませんから!!



プレ4とはプレーイング4のことです。

プレーイング4って?

という人は、OBを打たない優秀な人か、日本以外のコースでプレーしている人。




いわゆる「前進4打」です。

OBを打った後、元のティーグラウンドから打ち直すのではなく、特設ティより4打目からスタートする、「あれ」です。




「で、なぜ不平等なの!?」



と聞いた私がバカでした、\(_"_ ) 反省シマス




「パー4のプレ4って、大体グリーンまで100〜150yにあるでしょ!」


「うん、まぁ、それぐらいの距離が多いね」


「でも、特ティって男性用も女性用もないじゃないですか!!」


「そういえば…、分けているとこは見たこと無いねぇ」


「でしょう、残り150yって結構きついんですよ、カヨワイ女性には!!」


(でもあんたの飛距離なら、7Iか6Iではないのかぁ?)


「男性なら、8Iぐらいで楽に4オンなのに、女性なら良くて5オンでしょう」


「なんで、スプーンで打てば届くんじゃない?」


「何言ってるんですかぁ、ヽ(`Д´)ノ 
スプーンでグリーン上で止まる訳ないでしょ!!」



( 怒られた、(´・ω・`)ショボーン )


「とにかく、不平等です!!」



●:・∵;(ノД`)ノ ヒイィィィ




と帰ってきましたが、


ふと、思う私。



プレ4からボギーをとるのが、ゴルフの醍醐味でしょう!!




OBを打った後、凹んでいるあなた!!


凹んでいる場合ではありません!!



OBを打った瞬間、パー4はパー3に変わります。

しかも、ティーグランドが異常に広いパー3です!!



パー3というのは、打つライ、打つ場所で大きく状況が異なります。


,いぅ薀い鮹気靴覆ら歩いて行きます。

▲團鵑虜元が見えるか、否かを見極めます。
 (見えなかったら、手前から行くもんね〜♪)

私の場合は、ライと残り距離によってティアップしたり、しなかったり。


と色々考えることがあります。


落ち込んでいる場合では、な〜い!!



パー3でボギーを打ってたりすると、

「よーし、ここではバーディだ〜!!」

と気合いが入ります。





などと考えていると、おやじゴルファーのプレーを思い出しました。



このおやじゴルファーのゴルフは強烈でした。


で、紹介。



おやじゴルファーというには、歳をとりすぎている某氏。

年齢は既に55歳を上回り、赤いチャンチャンコが目の前に・・・。

ただ、何だか知りませんが90台前半で回ってきます。



しかし、ドライバーは飛びません。

200y飛べばいい方でしょうか?


しかし、頑としてゴールドティからは回りません。

いつもレギュラーティからのプレー。


「これって、凄くない?」


とみんなは言うのですが・・・、

マーカーになったことがある私としては・・・。


「せ、せこい、このオヤジ。(;一一) 」



このおやじゴルファーは、ショートホールには無茶苦茶強い。

150y以内なら、確実に1オンしてきます。

これが、彼の絶対的な強み。



で、ちょっと長いパー4での出来事。



「このオヤジ、どこ向いて構えているんだろう」

と思ってみていると、

( ゚д゚)ノ ハイ!OB!!



さらに、続く200yぐらいにバンカーがあるパー4でも、

( ゚д゚)ノ ハイ!OB!!



でも、距離の短いパー4だとフェアウェイど真ん中!!



(*'ω'*)ん???


こいつ、わざとか?


ハイ(-Д-)ワザトデース、タブンネ



このオヤジ、OB打ったホールでも確実にボギーをとっていました。

いわゆるOBバーディじゃん!!



聞いてやろう、聞いてやろうと思いながらも、

聞けませんでしたぁ、♪〜♪〜 ( =o=)ゞ〜〜♪〜〜♪ラララー...




しかし、一つ分かったことが・・・。

わざとOB打ってもボギーで抑えるこのオヤジ、

なんか凄いじゃん!!



でも、セコイ!!



まぁ、スコアを誤魔化す人よりず〜っとまともなんですけれどね〜。

プレ4って、一応ローカルルール上許されていることなんだけれどね〜。



よ〜し、歳とったら真似しよう!!



以上、何事にもめげないみつ♪でしたぁ〜。



へぇ〜と思った方は、↓クリックしてね。
にほんブログ村 ゴルフブログへ
技術論 | permalink | comments(8) | trackbacks(0)

トップの位置

毎日、お年寄りと一緒に診療開始時間を待つ私。

一緒にいると、どんどんお年寄りと同じようなことを
考えてしまう。

そう、それは・・・、


お節介!



ということで、今日のお節介ブログを一席。


おーい、山田くん!出囃子がないぞ〜!! o(`ω´*)o



さて、今日のお節介はトップの位置について。


そんなの知ってるよ〜


って方は、黙っていてね。おいらが話すから!!



出典は、アルバで連載されている「坂田信弘のゴルフ進化論―レッスンマンガ坂田信弘のゴルフ進化論―レッスンマンガ坂田 信弘, 樹本 ふみきよ」です。


「え〜、マンガかよ」


というあなた!


マンガはマンガでもゴルフ進化論ですよ。
(基本的に爺さんゴルフが対象だと思っているあなた、甘いですよ)


ちなみに私が持っているのは、暇つぶしにコンビニで買ったゴルフ進化論[即効開眼編]です。意外に分厚く、高価でした(600円もした!!)



さて、そんな話はさておき、本題です。



坂田「ゴルフというのは、結局筋肉の記憶力だからね。」

そう、筋肉の記憶を壊せばいいスイングになるらしい。



坂田「ああ!「沈み」というイイ方法が見つかったよ!5分で悪いクセを直せるぞ!!」


坂田「まずは、ショートスイングのトップを作ってみなさい」


坂田「そうしたら、そのままヒザを折って、体を沈み込ませる!!」


する〜と、マンガでは右ひじが強制され、さらにヒザも開いてくるようになったらしい。


ということで、私も試して見ました。


体力の限界まで!!


5分というのは、 ハイ(-Д-)ウソ〜


私の体力では、姿勢が維持できなくなるまで(というか足腰が限界を向かえたのは)約15分後。


しかし、鏡の前でやっていたので、クラブが綺麗に立ち、肘のおさまりがよくなる様子を体験できました。




テイクバックしたときの位置が悪い人、

すなわちクラブを担ぎ上げる人が、それを破壊するにはいい練習かもしれませんね。



た、ただし。

クセっていうのは、すぐ出ます。

それを壊すまでは、

毎日、沈み込んでじっと我慢。

足が痙攣するまでじっと我慢。

腰が、腰が〜っていいながらも、

しりもちを着くまでじっと我慢。



ちなみにショートスイングのフィニッシュにも使えるらしいですが、私はそれを体験していません。



で、ショートスイングって何?

という人は・・・。


DVDでも買えば〜。

坂田信弘ゴルフ進化論 基本編 PART1 (1)
坂田信弘ゴルフ進化論 基本編 PART1 (1)



ちなみに私がスコアアップを目指して買った本は、これ。

坂田信弘 新スウィング進化論―21世紀のゴルファーズ・バイブル
坂田信弘 新スウィング進化論―21世紀のゴルファーズ・バイブル
坂田 信弘



私は、これでスイングを学びました!!




「でも、坂田プロって喋り方が嫌い!」って方は、クリックしてね。

にほんブログ村 ゴルフブログへ
技術論 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

嫌な奴?

今日、我が社の若手社員(一応まだ20代後半でも若手らしい)を率いてゴルフに行ってきました。

ただ、派遣社員様が大量に参加されたので、ただのゴルコンでしたが…。

(´・ω・`)ガッカリ・・・



さて、一緒に回ったのはやっと90台前半で回れるようになったA君&いつもの奴ら。


タカラレマシタ (T∇T) ウウウ



このA君、いい奴なんですが一緒に回ると非常に嫌な奴でした。


「みつ♪さん、すごいですね〜」


から始まる何故か「引っ掛かる一言集


「あの深いラフから2オンって、すごいですねぇ〜」


「フェアウェイバンカーからグリーンに運んでバックスピンって!!」


「グリーン奥の左足下がりの急斜面からチップショットを打って止まるんですもんね〜」


「あのあごの高いバンカーからピンに寄せますか〜」


「10mを一発で沈めるなんて、すごいですね〜」



どうですか、皆さん。

彼は、誠実に誉めてくれているのですが・・・。

ショットを誉めてくれるのは嬉しいですが、ミスショットのリカバリーばっかり誉められたりすると、結構・・・。

( ̄ー ̄)o゛プルプル



さらに


「スプーンで打ってもドライバー並みに飛ぶんですねぇ」

「みつ♪さんて、ドライバーとウェッジだけでゴルフしてるんだ〜」


σ(TεT;)ナイチャウヨ・・・



別にいいんですけれどね〜、でも何だか・・・

。。。ρ(-ω- ) イジイジ





で、帰りに彼が言いました。

「今度、寄せを教えてくださいね。」

さて、彼はどんなショットを教えて欲しいと言ったと思いますか?


.蹈屮轡腑奪

▲ットショット

パンチショット


( ̄〜 ̄;)ウーン・・・


君に必要なのは、スタンダードなチップショットだと思うんだけれどなぁ。



最近、チップショットでドロー回転のボールを打つことを練習しているみつ♪でしたぁ。



icon
iconiconicon
icon
icon id=BEbdPFW46xo&offerid=98732.490171576&type=10&subid=">iconicon






「技術は、基本の延長だ」と思う方は、→「にほんブログ村♪
技術論 | permalink | comments(6) | trackbacks(0)